Archive for the ‘架装ハイエース/レジアスエース’ Category

悩みはトレーニング

日曜日, 3月 17th, 2019

今日もスタート

出来る所から少しでも。

どしても欲しい事務所的場所、外に作るしかないのかな

どうやろう。

お店にもどって、さあ仕事

配線取り出しが更に難しくなってるのねー最近の200ぅ

クリエイテブな頭でいこー。

 

床貼り50th

金曜日, 3月 8th, 2019

嬉しい気分です、オートバイトランポ用に床貼り加工させて頂いたSGL君、納車させて頂きました。

さりげなく、要るポイントを押さえた架装です。

オーバステップとフック取り付けをオートドア車で実現してます。

爪式ラダーを積極的に使える[段付きバッグエンド]は安全でスムーズな積載に貢献します。

フック増設部など床下は防錆してありますのでご安心を。

防水に気を配った床貼り加工後も、サイド内装が脱着可能な施工方法を採っています。

強力に取り付いているサイドバーは自由度の高い上引きをSGLグレードでも可能にしました。

吊り手としても、革ツナギの重さにも余裕で対応します。

たかが床、されど床貼り。一味違うオフタイムのつくりをお楽しみくださいませ。

オフタイムフェンダーステッカーも御採用頂けてとっても嬉しいです。

バイクで遊ぶのは当分自粛中なモンキチですが、またどこかで、一緒に遊んでやって下さいませ。

せっかく支えるならフック と オートドア

水曜日, 3月 6th, 2019

去年からオートドア車でのステップ部フック造作をこのような作りにしてます

オードドアサービスの為にはステップカバー脱着と支え柱分解が出来ないといけない

金物の寸法が毎回決まらないので、専用で金物設計はせずトランポプロで構築してます。

 

オートバイトランポで採用が多い段付きバックエンドも、サイズのいいノンスリップも見つけれて、仕上がり感が、更に良くなりました。

当然、内装壁は脱着出来ます。

壁内でのシーリング、

板の縁、フックやシート穴など、考えられる水進入路は全てシーリングしてます。

ジャパーンと水が溢れても慌てないで大丈夫なのが、置き床と違う床貼り加工です。

時間はめっちゃ掛かってしまう内容ではあります、今回は腰がしびれて更にスローリーになってしまってごめんなさい。

明日、椅子乗せが有ります、どなたか助けに来てつかーぁさぁーい。

斬新です

月曜日, 3月 4th, 2019

直感でお選びになった、木目

貼って見るまでイメージ湧かなかったモン吉、複色も有りなんですねー。

かなり目欠品

土曜日, 3月 2nd, 2019

ひょっこりステップカバーから顔を出すアンカー

「ココ何が付くん」とは同級生でディーラーエンジニアなO君、嘆きのオフタイムを心配して来てくれたん?あ、頼んでた図面ねーありがとー。

「ココ柱兼フックベース付くんよ」

「オートドアじゃろ?」と、修理に困るような付けかたすんなや」的な質問。

ふっ、元エンジニアのモン吉がバラけない付けかたするわけ無かろう」とかエバってみたり。

後にサービスエンジニアさん等から「こがいな付けかたしやがって!バラせんじゃなぁか!っ」と怒られ無い様に気を付けてます。

オートドア車のステップオーバーハングの苦肉の策なん。

もっと簡単な方法見つけれんかなー。

やったっ

金曜日, 3月 1st, 2019

とうとう出たっストレート!

一人で感激。

辛苦の作、サイドアッパーバーの、真っ直ぐ(左右間前後で4ミリとバーの捩れは有りますが)の位置出しに成功です。

走行耐荷重片方15kgかな?静止なら50kgは耐えそうな強度具合な、ウチのサイドアッパーバー、

データの積み重ねで、

角度自由ブラケットからも解放されて、

カーテンランナーが前まで行くわーーっ。

単車が引けて、ツナギが掛けれて、カーテン・・・あ、スライドドアん所は真ん中までだった。

でも、又、使い勝手が進歩なのだー

さあ、お次の入庫車くん達との個別差など、またデータ採りだ。

更なる定番化に向けガンバですー。

床貼りしてます

木曜日, 2月 28th, 2019

ハイエースバン君、床板の切り出しに移ります、さあ創作なのよステップ部。

曲がるノンスリップが肝なバイク用床なの。

ガンバなのねー。

今日の「うおっ!」

水曜日, 2月 27th, 2019

初めてお目にかかりました50周年アニバーサリーハイエース

うっふぁーっ、数十万円掛けて作る黒内装が!

純正で出たのねー。凄いっ。

ゆか作らせて頂きまっす

リフォーム完成しました。

金曜日, 2月 22nd, 2019

バリケンネル台はこのように致しました。

リヤシートを潔く撤去、台下は収納に使います、

時間掛けちゃったのは、このチョットしたグレーモール、引き出しケースのズレ防止なの、シンプルに安価に確実に。

台上は滑らない防水生地が貼ってありますが、振動でバリケンが跳ね無いように、引っ掛けフックも作りました。

いつも積んでおられる踏み台も、ゴムフックで簡易留めにしてみたり。

センタートラピローも導入頂き、嬉しい嬉しいです。

明日のお渡しが楽しみです。

オススメのレイアウトなのです

木曜日, 2月 21st, 2019

ワンオフ跳ね上げベット号君、納車させて頂きました。

オフタイム架装車をご覧になって「ウチのも!」とご依頼下さったのです。

オフタイムが、ファミリー向けパッケージにオススメしているショートベットタイプを、居住性アップも兼ねS-GLシート換装と共に導入です。

ベット展開しても、上着や靴脱ぎの場所、クーラーボックス置き場を確保できるレイアウトなの。

二輪を楽しまれているお父様なので、必然の跳ね上げ式、センターマットを壁際に挟んで収納できる事がオフタイム流でもあります。

ご家族で遊びに行くなら対座式も外せません、今後真ん中にテーブル展開をすれば、車内で食事も楽しめるようになりますよー。

ウチが造る上で気にしているのが、シート上寸法です、

せめて90cmは確保したいのです。

ナロー標準ルーフであっても、「座れる」事にコダワリたいのです。

折角の対座なのに、座高考えておかないと、頭がつっかえて、座れないのよね。

シート背もたれ角度を水平に持って行く事で、座高長とベット面としての使い勝手を両立させれます、

この中を加工してます。

短いベットだからこそ、リヤシートはそのままで通路が確保出来るの、

3人以上での雨の日や、荷物沢山の日の動線を想像して頂くと、解って頂けるかしら。

オフタイムトランポの真髄的パッケージなお車なので、紹介させて頂きました。