Archive for the ‘トランポインテリア’ Category

適合情報、オーバーヘッドポケットS

土曜日, 7月 6th, 2019

世の中、なんでも大きいのが高級な的な風潮ですね、本当は小さく細密に造る事こそ高級なんにと日々思ふモンキチ。

オーバーヘッドポケット とゆう商品を作って売ってますオフタイム。

収納の少ないハイエース、レジアスエース200系君用の天井に物入れを設けれます。

フリップダウンモニターの取り付け台の役割りもあります。

ナロー車には、モニターサイズは10.5インチまでですわー」と言って売ってます。

が、

アルパインの11.5インチ入れたい。台部ワンオフ覚悟だったのですが、

なんと、標準サイズで超ギリッギリ着く幅でした。

ナロー用だけ土台が小さめに設計されてるので、

「ワイドミドルや、スーパーロングには12.8インチとか着くサイズなのに、ナローだけ、なんで?」

と、良く言われちゃいます。

実はね、テスト時には大きく設計してたんですが、後ろ振り返った時に目の当たりを撃打したのをキッカケに、小さくしたのです、ブチ痛かったのです。

昨今、モニターサイズは大型化してきてるのよね、そしたらそっち着けたいですよね、

ギリッギリで良ければアルパインの11.5は入ります

適合情報でした。

オーバーヘッドポケットは車検も適合なんよ、ウフ。

すけべぇな目でいいけん

火曜日, 6月 4th, 2019

目がいやらしいんよ」と嫁さんに言われた事が有りますモンキチ、普通にしとるだけなんに。

どうせなら透視ができる目が欲しいです。

バンの床はフラットじゃけ、何処でも止めれそうなもんですが、裏はイロイロ大事な物がクリアランス少な目で付けてあるので、好き勝手に穴は開けれないの。

シートやシートベルトの取り付け位置決めはメッチゃ緊張する作業です。

スーパーマンみたいに透視ができたらええのにのー、

できんけぇ、基準になる物から、裏表でサイズ測ってから、「エイやっ」と穴あけです。

寸法が大変大変、頭悪いけん何遍も確認しまくりです、シート屋さんゴメンナサイ。

今日は変な汗かくわぁ。

リヤヒーター移設も純正チックに決めれたし、

ガンバじゃけん。

散々んパナやって、結局ココ

木曜日, 5月 23rd, 2019

少しでも、お客様が使い勝手良くなるようにレイアウトしたいのだけど、

ここしかない!

透明型を作って間違いなく止めなきゃ。

シートは安全基準以上にマージン取って付けたいの、何があっても引きちぎれない事が大事。

こうなりゃイイなぁと当初床剥ぐってみてから想定してた位置は全部不可だったぁ

新規NV350ナローワゴン君、

ナロー難しいよ、ハイエースワイドばっかりやってるからかなぁ、今からは主流になる車種だから、

ガンバ。

失敗はイイ物を産むと信じて

木曜日, 5月 23rd, 2019

型撮り直してます、NV350君。

合板だけで位置決めしようとして大失敗です、

やはり、透明ポリカで取らないと、グライドレール車はええがいにいかんのですね。

トライエラーの積み重ねで今のオフタイムはあります

ところで、ホンダN-VAN、

作業に来てくれたHさんの、あったらイイなぁ」に、サッとの作業で

アッパートレーとか作れるんすね、

やっぱイイっ。

曲がる季節

土曜日, 4月 6th, 2019

今日は暖かいですねー、

単車に乗ったら気持ちいいじゃろなー

と思いつつ、

緊張の床表皮貼り

硬い素材も、曲げやすい気温で助かりますー。

はいそれだけ。

ガンバ

お山が何個も

月曜日, 3月 18th, 2019

この業界の人は、皆通ってる道な筈じゃから、ガンバなのだけど。

nv350 ワゴン車君で、ファミリートランポ創りなの、

新しい事する時は、あれやこれやと難点が。

なんですか、あの小山、想定してなかったです。

ほんで、また

本とウエブと知り合いと、読んで覗いて聞いて、やっぱり白黒判断まで行かない、根拠が何処に載ってるん!?。モンキチには法律な文を読み進めるだけで難問なんに、

陸事検査官さんですら悩みよるとの事、

大丈夫と思いよるけど、根拠が要るねん。

誰やねん、これ書きよる人、会って聞ければいいのになぁ。

床貼り50th

金曜日, 3月 8th, 2019

嬉しい気分です、オートバイトランポ用に床貼り加工させて頂いたSGL君、納車させて頂きました。

さりげなく、要るポイントを押さえた架装です。

オーバステップとフック取り付けをオートドア車で実現してます。

爪式ラダーを積極的に使える[段付きバッグエンド]は安全でスムーズな積載に貢献します。

フック増設部など床下は防錆してありますのでご安心を。

防水に気を配った床貼り加工後も、サイド内装が脱着可能な施工方法を採っています。

強力に取り付いているサイドバーは自由度の高い上引きをSGLグレードでも可能にしました。

吊り手としても、革ツナギの重さにも余裕で対応します。

たかが床、されど床貼り。一味違うオフタイムのつくりをお楽しみくださいませ。

オフタイムフェンダーステッカーも御採用頂けてとっても嬉しいです。

バイクで遊ぶのは当分自粛中なモンキチですが、またどこかで、一緒に遊んでやって下さいませ。

せっかく支えるならフック と オートドア

水曜日, 3月 6th, 2019

去年からオートドア車でのステップ部フック造作をこのような作りにしてます

オードドアサービスの為にはステップカバー脱着と支え柱分解が出来ないといけない

金物の寸法が毎回決まらないので、専用で金物設計はせずトランポプロで構築してます。

 

オートバイトランポで採用が多い段付きバックエンドも、サイズのいいノンスリップも見つけれて、仕上がり感が、更に良くなりました。

当然、内装壁は脱着出来ます。

壁内でのシーリング、

板の縁、フックやシート穴など、考えられる水進入路は全てシーリングしてます。

ジャパーンと水が溢れても慌てないで大丈夫なのが、置き床と違う床貼り加工です。

時間はめっちゃ掛かってしまう内容ではあります、今回は腰がしびれて更にスローリーになってしまってごめんなさい。

明日、椅子乗せが有ります、どなたか助けに来てつかーぁさぁーい。

斬新です

月曜日, 3月 4th, 2019

直感でお選びになった、木目

貼って見るまでイメージ湧かなかったモン吉、複色も有りなんですねー。

やったっ

金曜日, 3月 1st, 2019

とうとう出たっストレート!

一人で感激。

辛苦の作、サイドアッパーバーの、真っ直ぐ(左右間前後で4ミリとバーの捩れは有りますが)の位置出しに成功です。

走行耐荷重片方15kgかな?静止なら50kgは耐えそうな強度具合な、ウチのサイドアッパーバー、

データの積み重ねで、

角度自由ブラケットからも解放されて、

カーテンランナーが前まで行くわーーっ。

単車が引けて、ツナギが掛けれて、カーテン・・・あ、スライドドアん所は真ん中までだった。

でも、又、使い勝手が進歩なのだー

さあ、お次の入庫車くん達との個別差など、またデータ採りだ。

更なる定番化に向けガンバですー。