Archive for the ‘イベント’ Category

単車楽しい

月曜日, 8月 20th, 2018

キャンオフ と言うオフロードレースに出らして貰いました。

ブルーコーンズさんにお誘い頂いて。

学生さんしか出れないと思い込んでて、ノーチェックだったレースです。大人出れたんですね。

場所はホームコースなテージャスランチ

トラジローも一緒。ゴメンね今日はレースじゃけんリード離せないのよ。

折角なので新しいオフタイマーになってくれたUサン誘ってブルさんとオフタイムでバックアップ体制。

三人体制はウチだけみたいな、、

ルマン式スタートなんね、

超久々レースなオフロード師匠も誘って

暑さにヘロヘロになりながら遊びました。

ブルさんは速いね。

モンキチは一周で「ダメだコリャ」でしたけど

水牛さん達も居て

寅次郎と遊んでくれたり、

お知り合いF間くん1位だったり

楽しかったぁ。

また遊びに行こうねー。

金城ウエスタンエンデューロ2018 行ってきました

日曜日, 6月 10th, 2018

島根の金城町にある かなぎウエスタンライディングパークを借りてブルーコーンズさん主催のオートバイエンデューロ(耐久レース)に賑やかしで行ってきました

突発台風のせいで、「雨か・・」と思ってましたが、みんなの日ごろの行いが良いからパラリのみ、路面乾いてます。

ヤマト隊長は24時間レース用マシンの調整で参加

ダイワカーズさんも参加ナノだ

カブ乗りさんが凄かった

参加者さんは楽しめたみたい(参加者さんの走行写真はフェイスブックにUPさせて頂いてます、観れるかしら?)

今日はモンキチ、バイクも体も作ってないので、お手伝いのみ

来年も開催できれば6月のこの頃との事です。

スポーツなので、何も解らず初めてバイクに跨る人にはレース出場は認められませんが、初めてレース体験したいなら、このエンデューロはとってもお勧めです。ワキアイアイな雰囲気で、台数も多くなく、路面は難易度低めだし、ブルさん主催だし。

歴史あるモータースポーツでもあり、高機能な防具や確実なトレーニング方法も確立されてますから、いとも簡単に楽しめるのが、オフバイクの良い処

一般道でリスク背負って飛ばすくらいなら、クローズドで行けるだけ走った方が気持ちいいのだと思ってます。

ちょっと解らんけどオフ味見してみたい人は、7月にテージャスでイベントが有りますから、お問合せくださいませ、ご案内いたします。

さて、

やっぱりな」はこちら

開発中のセンタートラピローの上にムリヤリ座るんだろうなぁ寅次郎〉の懸念

早速乗って、降りません

お父ちゃんが肘掛けで使いたいんじゃにーっ 狭かろうソコ、

しまいにゃモンキチの肘を追いやってその上にアゴ載せる おまえのっ

最後は「此れならええ?」的アゴ載せ

ギョーンたまらん。

皆さまお疲れ様でしたー。

ここには、また来る

月曜日, 5月 28th, 2018

行って来ました、石川県の千里浜海岸に。来てみたかったのです、ココ。

全国から、「千里浜で会おう」の合言葉で、各地から夕日の沈むまでにゴール、SSTR

来る途中、ちょっとずつ、同じステッカーを貼った単車達と逢うようになり、「千里浜で!」の合言葉も楽し。

最後は、何千台?凄!。

嬉しゅうして、片手素手にして

アイフォンで写真パシャパシャ

瀬戸の多島美とまた違う美しい夕日。感動。

あ、片方のグローブ落っことしちゃった、、、。綺麗な浜でゴミ作っちゃった」と後悔してたら、次の日

「何百台にも轢かれてポツネンと居ましたよ」

と漢マツバラ君が早朝にヒラって来てくれた。

わーっありがとうー宝物じゃわ。

さぁ、来たら帰らにゃ。

AJPジャパンのヒゲタさんと一緒に帰路につく。

この人、あっちコッチ旅がらす猫さんなので

名所や、グルメを知ってるから、寄り道も連れてってもらう。

今回も、

AJP PR7 、高速試乗もさしてもらった。

DRZじゃ無理な書けないスピードでブレもせず巡航できる、

風防効果良くてオフヘルメットでも、首持ってかれない、

そっからスタンディングで前傾姿勢採れるラリースタイル、

振動もDRZ君より少ないし、シートが快適でお尻にグー、

ナビタブレット最高

な、何?!リッター30走るだと!

オフ乗りスタイルで身軽なのに、巡洋艦的でもあり、マジ欲しい。

モンキチベストオブSSTR 賞ですわー。

逢う場所場所で臆せず声を掛けて、観光名所情報などをゲットして連れてってくれる旅に慣れてるマツバラ君も最高。

みんな、2日走って、次の日仕事的メンツの集まりで楽しかったですー。

バイクじゃ無いと出来ない経験と出逢いはとってもありがたい。

アスファルト99.9パーセント移動だけで疲れてるモンキチ、

ラリーやバハ走る人って凄いなぁと思うのねー。

旅に逸る

金曜日, 5月 25th, 2018

明日のこの時間には、走ってるんだなぁ

と思うと高揚してきちゃう

気が早いけど、もう積んじゃった

明日はお休み頂いて、初体験のSSTRというツーリングイベントに、お友達とオフバイクで行きます。

「行きはヨイヨイ帰りが辛い」

と先輩達、

モンキチ、オフ車で一日600キロ走った事無いっす、テントキャンプも超の付く久々。うふー楽しみー。

DIYパニヤも楽し

日曜日, 5月 20th, 2018

とろくさいモンキチ、遅れ気味な仕事の取り返しと、友人のバイク点検を済ませて、

自分の、単車も、つつく日曜日

この土曜日に開催される、

SSTRとゆうイベントに向け、DRZ君をツーリングキャンプ仕様にトランスフォーム。

ゼッケンは 491 ヨクイ 性格現れてしまってます。

トランポプロキャリアはこんな時に威力を発揮するの。

振動凄いし、むき出しなオートバイじゃから、脱落防止は出来るだけ工夫してます。

これにデッカいバッグ積んで行くんじゃぁ

片道600km

今からお尻の心配中、でも楽しみ。

痔意識過剰なモンキチ。

レースのお誘いです

金曜日, 5月 18th, 2018

6月の10日に 島根県浜田市金城町で開催される

かなぎウェスタンライディングパーク エンデューロレース

の案内がブルーコーンズさんより入電アリ

申し込みは コチラヘ

ブルーコーンズ

〒697-0004
島根県浜田市久代町9-2
TEL:(0855)28-3551
FAX:(0855)28-3552

「オフタイムに聞いた、エンデューロ出たい」と連絡して頂ければOK

開催場所はこちら

〒697-0303島根県浜田市金城町久佐イ1390-8

かなぎウェスタンライディングパーク

オートバイ乗りさんにはオートバイ神社が有る所と言った方が判りやすいでしょうか

普段は馬さんのライディングをする場所ですが、

レース日だけ、場内と周辺の山を貸し切ってバイクで走り回れます

モンキチ毎年参加させて頂いている、ゆるくも楽しいレースです

林道ツーリングだけじゃ物足りないなぁ とか

わしのマシンどれぐらいポテンシャル有るんじゃろ とか

えーっコースよう走らんし とか

な方々にもお勧め

コース設定は初心者も走り切れるエスケープが有り、安心なの。

林道主体で、土、砂利、グラストラック、伐採地、アスファルト、イロンナ路面を一片に楽しめ、クローズドコースですから、ぶっ飛ばせます。

唯一ビッグオフで出ようかと思われるなら、早めにブルさんに相談しといたほうが良いかもです。

レーサーじゃなくても セローとかAJPとかで出てメッチャ面白かったです。

今年も出たいなー。

明日のテージャス遊び中止です。

土曜日, 5月 12th, 2018

残念、せっかくのテージャスデイ

雨ど当たり

中止にします。

モンキチのバイクイベントは26日のSSTR、

6月10日の、金城ウエスタンパークエンデューロ

と続きます。

みんなでテージャスは、この先またチャンス作りますねー。

明日はテージャスランチに居ます

土曜日, 4月 28th, 2018

さぁ土曜日

今日もがんばろうか寅次郎。

「まーがんばろか」

晩からね、お父ちゃんJNCCゆうレースのお手伝いでテージャス行くんよ、寅次郎も行く?

「行きます」

「早よ行こうや」

晩からよ、リード放せんよ、前田制作のマエだっち居るよ。

「行こや」

じゃけん晩からよ。

待ち切れない寅次郎でした。

今一番欲しい単車

月曜日, 4月 16th, 2018

行って来ました、恒例の山ちゃんツーリング。

ありとあらゆるバイク達と各方面のオフロード好きな面々が入り乱れで集まるメチャ面白い集まりなの。

オフ車も古今東西新旧入り乱れ。

50ccから1200ccとか、凄いんだな。

時に試乗会的になったりするのもモンキチの密かな愉しみなのね、

で、今日は、

AJPさんのPR7がお目見え、

前にちょっと乗らせて貰った時から気になってたラリーレイドタイプのマシンです。

今日、林道でフルスロットル出来るチャンスに恵まれて、AJPさんのマシンに対するモンキチのイメージが、ガラリガラガラと変わりました。

「ヤバイ、楽しい、懐が底知れない」

車だと、ホモロゲ取得車のメーカーチューン限定車みたいな、一般道普通に走れるけど、ブレーキ、アクセル、ハンドル等の操作で「あっ、ヤバ、楽しい」のイメージ

絶対フルスペック使い切れ無いだろうけど、いとも簡単に異次元の走りが出来ちゃう系。

軽い、ブレーキぶち効く、スムーズで腰の強いサス、フラットどっかんパワー

バイクパーツの進化か?メーカー開発の考え方か?

日本車メーカーさんには創り得ない 魅力の塊

ラリー車が「カッコいい」の頂点に居る僕には、タマラーンうっひゃー、欲しいー。

カッコイイ」が嬉しい

月曜日, 4月 9th, 2018

昨日までの、ナップス広島周年祭にお越し頂きました皆様、ありがとうございました。

呼んでくださったナップス広島さんありがとうございました。

あっと驚くお久しぶりな方や、ワンちゃん家族さんも来てくださったり、ウハウハしちゃった。

嬉しかったです。

オートバイ店様のイベントですが、マリーナホップって一般さんも沢山来られるので

ハイエースにバイク積んでの展示に、

「車にバイク載るんじゃー!?」とか、驚かれる方が少なくない事にも驚き。

何っ!軽トラカッコイイじゃーん」

マニュアル有るんじゃイイなぁこれ欲しいなぁ」

とか、いろんな人の反応が視れて嬉し。

ブルーコーンズさんのアゲトラ大人気でしたねー。

ブルさんはオフタイムのイチ押しトラピローを

ハイゼットに導入してくれたり、

ドアにネジ直縫いしたら、あらまあイイ高さ。

ドアに肘掛け有ると、運転が楽になって空間も広く使えるようになるんです、

案外いろんな車に付けれちゃうのかも。

また一つ勉強になりました。