高速道路通行料の値下がりや上限化が取りざたされるようになり、車中泊という新たな
レジャースタイル
が世の中に浸透しつつあります。

より遠くへ行くためにホテルのない地域での寝泊りをしたり、時間を有効に利用するため
に夜間移動して目的地の近くで車中泊したり、山歩きをするのにベース基地として車の中で
寝泊りしたり…。
その遊び方はとどまることを知りません。

車中泊専用マットでくつろぎの空間

車の中で寝泊りできるだけで、遊びの幅がグンと広がるのは皆さんが実感されていること
と思います。


トランポ広島グループ
は、このような流れができるずっと以前から車中で快適に寝る連泊する、といったことに対しノウハウを蓄えてきました。


いま新たなレジャーのカテゴリー、【車中泊】に「トランポ」のノウハウを注ぎ込んで、新た
な遊び方の扉を開いてみませんか?



車中泊とは?

車中泊とは高速道路のSAPA道の駅、公共のパーキングなどで車内で寝るだ       
のことを言います。長時間の駐車になる場合はただの違法駐車です。



Pキャン(Parking Camp)とは?

サーキットの駐車場や登山道入り口などの駐車場などで、カセットコンロ等を用いて簡 
単な炊事や食事までをこなすスタイルのことです。



オートキャンプ(Auto Camp)とは?

オートキャンプ場やキャンプができる場所において車をテント代わりにして野営を営む
ことです。広義で言えば、車中泊や、Pキャンもオートキャンプと言えます。



車中泊において注意すべき点

夜間車中で寝る性格上、必ず安全な位置に駐車するようにしましょう。

特に高速道路のSAやPAでクルマを止めるスペースが無いからと言って、駐車スペース
内をぐるぐる周回するのはやめましょう。

本線からスピードを落とさず入ってきた車と正面衝突といったケースが増えてきているそ 
うです。

他にも、歩道スペースに乗り上げたのはいいものの、クルマの腹が引っかかって脱出
出来なくなったりしたケースも多いようです。

寝る間のエンジンの掛けっぱなしも、環境面でいいとも言えません。

行楽先で出たゴミ、特にキャンプなどで出たゴミをPAやSAのゴミ箱、ひいてはコンビニ     
などのゴミ箱にムリヤリ詰め込んでるようなシーンに出くわすことがあります。

そういうのも、みっともないのでやめましょう

マナーを守って楽しい車中泊を!!



車中泊に必要な装備

マット

車中泊は深夜から明け方までの「仮眠」程度のものであれば、座席をリクライニングさ 
せてそのまま寝ることも出来ますが、22時ぐらいから明け方までの「睡眠」になると、長 
時間体を仰向けで固定され、寝返りもままなりません。

これではせっかく車中泊で目的地についても疲れが残って思うように楽しめません。

たとえシートがフルフラットになる車種でも、シートの凹凸が気になって熟睡にはほど
遠いのが現状です。

少しでも快適な睡眠を手に入れるためには、マットを持っていきましょう。

最近では少し高価ですが、クルマ用の性能の高いベッドマットがあります。

より快適な睡眠でレジャーを満喫しましょう。

シェード(カーテン)

高速道路のSAやPA、道の駅の駐車場で車中泊するケースが多いと思います。

田舎の方の道の駅や、人気のないパーキングであれば人通りも少なく、安心して眠れま
すが、高速道路のSA、PAなどは行楽シーズンともなれば真夜中でも多くの人が駐車して
いるクルマの脇を往来することは容易に想像できます。

やはり安心して眠りを得るために、カーテンを用意したいですね。

ただし、道交法上の問題で後部座席周りのカーテン加工は出来ますが、運転席の窓や
フロントウインドウにはカーテンはつけられません。

そこで、吸盤貼り付け式のシェードやプライバシークッションなどを使用して車内の
プライバシーを確保しましょう。

車の中を見えなくすることは、防犯上(車場荒し防止)にも有効です  

バッテリー(サブバッテリー、ポータブルバッテリー)

近年の身の回り品のデジタル化に伴い、出先での100V電源の需要が非常に高まっ
ています。

少し前のクルマならシガーソケットからDC/ACコンバーターで電気を気軽に取り出し
ていましたが、近年の低燃費車は燃費を極限まで抑えるために、バッテリーの充電機能 
を必要最低限まで絞って充電させる仕組みに変わってきています。

クルマのバッテリーに頼りきって100V電源を多用するのは、出先でのバッテリー上がり
などの不要なトラブルを招く結果になりかねません。

そこで、サブバッテリーキットをクルマに装備するか、持ち運び可能なポータブルバ  
ッテリーを用意しましょう。

万能とはいえませんが、携帯やデジカメのバッテリー充電、ノートPCの使用ゲーム機ぐ
らいまでを車内でエンジンをかけずに使用が可能になります。




より快適な車中泊ライフのために

車中泊に最低限必要と思われる道具については先述したとおりですが、車中泊をする上
で守らなければならないマナーや、より快適な車中泊ライフを送りたいと思われる方も多 
いのではないかと思います。

これより先は、車中泊ライフを今から満喫していきたいので車両選びから考えたい、もし 
くは車両を加工してでも今より快適な環境を作りたいと思われている方に向けて情報を発
信していきたいと思います。

トランポか?キャンピングかーか?

クルマの中で寝泊りできるといえば、代表に上げられるのはキャンピングカーだと思い 
ます。

キャンピングカーというのは硬い言葉で言うと、

  1. 乗車定員の3分の1以上の人数分の平坦な寝台の面積が必要である。
  2. 調理設備が必要である。最低でも「湯が沸かせること」が必要。
  3. 流し台や、調理スペースと、調理をする人間がそこに立つことのできる空間が必要。
    この点は構造要件改正時に厳密に再規定され具体的な寸法が要求される。
  4. 熱源(電気かガス)と水道設備(清水(=ホワイトタンク)と汚水(=グレータンク)の貯蔵設備と、その供給設備)が必要である。


これがキャンピングカーであるための簡単な要件です。

厳密に言うとさらに厳しい基準があり、車内寸法を正しく問われることがあります。

さて、一方同じ寝泊りが出来るトランポとはどんなものでしょう?

トランポには、「これでないとトランポではありません」、といったような規格はありませ 
ん。

トランポとは自分の使い方に合うように、自分だけの必要な装備を盛り込んだ車。

すなわち、世界に一台だけの自分の使い方にカスタマイズした車、がトランポである要件なのです。

アバウトだと思いませんか?

しかしながら、スノーボードや、サーフボードなどの比較的軽くて積み易い物はいいとして、自転車やバイク、グライダーやウインドサーフィン、果てはもの凄く高価な道具などを運ぶには、基本になる車の種類から選択するようになります。


トランポの装備ってどんなもの?

先の項目でトランポといったものの概要はなんとなく理解いただけたかとは思いますが、
まだまだザックリしたイメージしかないと思いますのでここから先はより具体的にトランポ
の装備についてお話したいと思います。

ベッド

ここ最近では、通信販売などで施工店に持ち込まなくても装着できるベッドキットが販売 
されるようになりました。

とりあえず、荷物は大きなものを積まない、車中泊をするのにベッドが必要だ、というだけ 
ならこうしたベッドキットを利用されるのがお手軽でいいと思います。

より特殊な用途をしたい、積む道具がかなり形状が異型で普通のベッドキットではどうに
もならないというケースだと、ベッド自体を専用設計で新たに開発する必要があります。

キット販売のベッドは、完全にボルトオンのものから、置き床のベースにBOXを固定して
使うもの、完全床貼りを前提にベッドキットをつけるものの三種類に大まかに分けられま
す。
 

フレーム式 オグショー製「イージーフラットベッド」

BOX式 オグショー製「ワイドフルフラット」



上記のキットは基本4ナンバーの車両に対して作られているキットですが、3ナンバーの
車両向けでもベッドキットはあります。

オフタイムオリジナルのボーデイジBキットはハイエースワゴンGL専用設計です。

床貼り

商用車の1BOXの床は、グレードの高い車両にはカーペットが敷いてあったりして見栄
えがいいのですが、リーズナブルなグレードの車両だと、ビニールのマットが敷いてあるだ
けであくまで商品を運ぶだけ的な内装です。

バイクや自転車などを積むときの泥や汚水、オイルの汚れなどがマットの切れ目や破れ 
目などから床に伝って床が錆びたりすることや、重量物を積んだ際に床の鉄板を痛める
可能性もあります。

そういったリスクを軽減するために床貼りというカスタマイズがあります

床貼りとは硬質木のパネルを、荷台の形状にカットして、ねじで床に貼り付けた後、硬質 
ポンリューム(建築用の床材)をボンドで貼り付ける加工で、床材(ポンリューム)には木目  
各色、化学タイル、石目調柄などいろいろな種類があり、好みに合った内装を選ぶことが
可能です。

床と壁の継ぎ目はコーキングでシールしますので、少々濡れたものを積んでも、水が 
地床に回り込むことも無いので、水気た道具を積む場合も安心です

床材の例

化学タイル調

黒木目調



シート(二列目、三列目)

最近の1BOXの純正2列目シートや三列目などは、素材も肌触りのいいものが増えまし
た。

それでもやはり商用車のシートというのは、長距離の長旅に向いているとはいえませ 
ん。

また、純正シートでリクライニングさせてフラットな面を作れたとしても、心地よい睡眠を
得られるほど平らではなく、やはり凸凹しているのが普通です。

トランポの世界では、そのシート自体を取り替えることで乗り心地を向上する、あまつさ
えそのシートをフラットにすることでベッド空間を作るというノウハウがあります。

さらに、そのシートを前後左右にスライドさせたり、シートの背面と座面を入れ替えること 
で対面式シートや、後ろ向きシートにアレンジすることも可能になるのです。

対面式シートでシート間にテーブルを設ければ、クルマの中で語らいや食事の空間を演
出することも出来ます。

 

二列目、三列目のシートが可倒式だと

座面、背面を利用してベッド空間を作れる

シートの付けかたとマットのアレンジ次第では

こんなレイアウトも可能



上記の内容は車中泊を快適に過ごすための装備のほんの一握りの説明でした。

ここから下はさらに快適な車中泊、連泊に必要な装備をご紹介します。


あると便利な装備、より長い旅行のために

高速道路での移動のネックだった部分、高速道路料金が安くなった昨今、今まではあまり遠くへ行かなかった方も土日割引などを利用してより遠くへ行かれる傾向が加速しています。

そのため、車中泊で連泊される方も増えてきています。

そんな旅行の中では車中泊の車内でどれだけ快適に過ごせるかが、よい旅のかぎになってきます。

この項目では、長旅に不可欠、もしくはあったほうがいいと思う装備をご紹介していきます。


サブバッテリー

近年の家電製品のデジタル化に伴い、車内での100V電源の需要が急速に高まっています。

旅行の楽しい記憶、写真やビデオ、子供さんのゲーム機、照明、釣りの電動リール、家電調理器など、いまや車の中で100V電源は必須の電源ともいえます。

また、エンジンをかけられない夜間の停車時に使う電力もばかにはなりません。

そんな時必要なのがサブバッテリーです。

この文章の一番初めのほうにも書きましたが、ここでは車両に装備するタイプのサブバッテリーについてご説明します。

サブバッテリーシステムの概略は、車に既存に装備されているバッテリーをメインと捉えた時に、もう1つ装備するバッテリーのことです。

強引な言い方をしてしまえば、カーセンターで買ってきたバッテリーをもう1つ車のどこかに装備するってことです。

しかし、正しい知識を持って捉えないと取り返しの付かない事故にも繋がりますので注意が必要です。

厳密に言うと、サブバッテリーとして使用するバッテリーは種類が異なるのです。

一般にバッテリーと言いますと、カーセンターで簡単に手に入る開放式のバッテリーがそれに当たります。

サブバッテリーは、密閉式というタイプのバッテリーで開放式のものと比べて性能が高いのです。

開放式と密閉式どう違う?

これを理解いただくのにバッテリーを水を入れる「桶」と水を吸う「スポンジ」にたとえて説明します。

密閉式のバッテリーは「桶」です
桶は水を何度でも満杯まで汲めますよね?
このバッテリーも、カラッポになっても何回でも満杯まで充電できるのです。

開放式のバッテリーは「スポンジ」です
スポンジは新しいうちや、ちょっと湿ってる間は水を良く吸います。
しかし一旦スポンジが乾ききって、からからになるまでになると、そこへ水を与えても簡単には水を吸いません。
開放式のバッテリーも、ある程度電気がたまっている間は充放電を繰り返しますが、一旦電気を使い切ると寿命がグンと短くなり、充電容量も大きく落ちてしまいます。

そういった性格から、メインとサブのバッテリーは使い方を切り分ける必要があるのです。

メインは日常エンジンをかけるなどの利用に、サブはレジャーなどでエンジンを止めたときに使う電源と考えてください。

サブバッテリーを装備することで、他の快適装備を使うことができるようになりますので、100V電源に限らない使い方ができるのが、キット装備型のサブバッテリーの魅力です。



FFヒーター

冬の車中泊は寒いのは当たり前ですが、車中泊を行うシュチュエーションによっては命の危険を伴うことがあります。

毎年何件かは、スキー場などで車中泊される人たちが一酸化炭素中毒で命を落とされています。

それは、寒いからと言ってエンジンをかけてヒーターを使用しっぱなしで寝ている間の積雪で、エンジンの排気ガスが室内に入り込んで命を落とされるケースです。

普段は車中泊でエンジンを切って寝られる方でも、冬の寒さが厳しいときにはついエンジンをかけて寝てしまいがちですが環境や命のことを考えると、多少不便でも冬用のシュラフで寝るべきでしょう。

しかし、この項目で紹介する装備「FFヒーター」を使えば、我慢して凍るような車中で寝ることもなくなります。

Webasto製 FFヒーターの外観

FFヒーターとは、温風ヒーターのことで解りやすく言えば石油ファンヒーターのことです。

ただし、このファンヒーターの燃料が灯油から、ガソリン、または軽油に代わってクルマに装備できるぐらい小さくなったもの、とお考え下さい。

FFヒーターのメリット

通常の車のヒーターは、車のラジエターの熱を利用して温風を作り出します。

そのため温風を作り出すのにエンジンを稼動しなくてはならず、そのためアイドリングするために使用される燃料は、温風を生み出すためだけに効率の悪い方法で燃料を燃やしていることになります。

その点FFヒーターは、温風を生み出すためだけの構造で効率よく温風を生み出せるので車の暖房よりも効率的に、より高温で、大量の温風を生み出せるのです。
そして、使われる燃料も車のヒーターよりはるかに低燃費で、静かに車内を暖めることができるのですね。

いいことずくめに見えるFFヒーターですが、メリットの反面大きなデメリットもあります。

FFヒーターのデメリット

FFヒーター本体の設置場所付近にかなり大きな穴を開けて敷設するようになりますので、一旦FFヒーターを設置してしまうと、その車自体の価値(売るときの金額や乗換えのときの下取り金額など)が大きく下がってしまうこと。

FFヒーターの稼動には電源が必要になり、FFヒーターを設置しただけでは利用が出来ないのでサブバッテリーを併設する必要があり、両方あわせると初期費用はかなりのものになる。

以上の事柄を考えた上で、FFヒーターの設置を検討していただく必要があります。


ギャレー

ギャレーとは船や潜水艦、列車や飛行機内で食べ物の調理や準備をする場所のことを言いますが、トランポやキャンパーの世界でもその設備のことをギャレーといいます。

キャンパー登録をするためにギャレーを作る場合は、その面積位置、ギャレーを使うための立ち位置での天井までの高さなどを厳しく問われますが、トランポで4ナンバーの車両で作るときはその限りではありません。

一般的にトランポのギャレーは小さい流し台と調理する火器を置ける台があるだけのものがポピュラーですが、流し台をつけるということは上水のタンクと下水の受けタンクを用意しなければならず、同時にそのタンクを設置できる収納を考えなければなりません。

キャンパーであれば、専用の上水用の蛇口や水をくみ上げるポンプなどを用意します。

トランポの場合は、ビルダーの思想やクルマの使い手にもよりますが、流し台としてだけではなく蛇口をシャワーに変えて、バックドアーあたりで水浴びができるようにだったりすることが多いです。

いずれのケースでもほとんどの場合はBOX型のベッドを据え付ける際に、その中に流しや蛇口を収納し、使用時以外にはスマートに見えるように細工をするのが一般的です。