トランスポーターの制作はトランポ広島グループへ

バックドアオーニング

  あらまぁ、安心。
これがあるだけで濡れないの。

― へぇ?! ここに『三角形の布を張る』わけですか!?

門内●バックドアを開けっ放して、その下で休憩することって多いですよね?そんな時の“日よけ”“雨よけ”“風よけ”って感じです。すごい簡単ですけど、効果は絶大ですよ!

― よく思いつきましたね?

門内●いやいや、『必要は発明の母』ですよ。
この商品は、誰でもないこの私自身がバイク用のトランポとして自分の車を使っているときに、どうしても欲しくて開発したものなんです。都会に比べて治安のいい中国地方ですから(笑)トランポをピットに使っているときバックドア開けっ放しで遊んでしまうことが多いんですよね。
そんな時、突然の雨で車にかえってみると、中がビショ濡れ…なんてことがしょっちゅうでした。車のボディは、天井のほうが丸みを帯びているから、この三角のところからの雨の進入はバカにならないんですよ。ベッドキットの後のほうなんか、すぐに濡れてしまう・・・。逆に言えば、この部分を塞ぐだけで、けっこう雨風の進入を防げるんです。

― こんな小さな布で効果があるんですか?

門内●・・・と、思うでしょ?それが結構効果があるんですよ。この商品を作る前に、実際にビニールシートやエンジンルームの作業をするときに使うフェンダーカバーなんかを使って、どこをどういう風に塞げば効果があるのか?いろいろ試してますから。結果、この三角地帯が“びしょ濡れ”の犯人だった、と。


― えっと、布の端をバックドアダンパーに引っ掛けて・・・簡単ですね!

門内●でしょ?! とにかく、丸み帯びたボディから雨が降り込みやすいこの三角地帯をどうやってふさいでやろうか!?と考えつつ、4つの条件を自分に課しました。

1.簡単に。
2.ボディにダメージなく。
3.カッコよく。
4.手に入れやすい価格で。
そう考えると、簡単なものだけに苦労も多かったですよ。

― ただの三角の布なのに奥が深いっ!

門内●いやいや、それもこれも、私1人の力では出来上がらなかった。やっぱり、人のつながり。皆さんのおかげです。実は私が昔からお世話になっている、某社社長がおりましてね。その方は、過去に自動車の車体カバーを開発したことのある方だったので、その方の人脈とやり取りの連続で
「耐久性のある布地」 「金属を使わないちょうどいい大きさのフック」
「耐久性のある両面テープとゴム」「そしてそれらを縫い上げる技術」
そういうものが全て揃って、やっとできた “ただの布” なんです(笑)

  当初考えた用途以外に意外な副産物も。
もちろん、苦労はまだまだ続きそうですけど…

―  そういえば、当初想定しなかったメリットがあったとか・・・?

門内●そうそう。実際に作ってみて判明したことが3つあります。

― え?なになに?

門内●実際に付けてみたら、雨の侵入はほぼカット。日差しも和らげ、バックドア付近に腰掛けての休憩がラク。冬の横風も、顔の部分がちょうど守られて、ラク。。。と、
ここまでは想定の範囲内でしょ。

― もったい付けないでくださいよ?!

門内●えっとね。副産物として・・・
この三角付けたままで、バックドアの仮閉めが出来ることが判明したんですよ。ちょっとドアを閉めたいときに、付けたままでも半ドアまでならOKなんです。


― なるほど、それはありがたい!

門内●あとはね、上に出ている写真みたいに、オリジナルのロゴを入れればチームとかお店の宣伝にもちょっと良くないですか?けっこう安くできるし。イベント行ったときに“テントを張るスペースがない”とか“テントそのものがない”なんて場合でも、これでちょっとした看板になりますよ。

― 商売にも使える、ってワケですね!

門内●そうなんです。で、最後は完全に私の商売ネタなんですけど、お客さんのお車を製作するときに、どうしても屋根のない場所で作業しなくちゃいけないときがある。そんな時も、あらまぁ安心。濡れないの。これで、雨の日でも床板の切り合わせが出来る!!実はこれが一番役立ってます(笑)

― イイコト尽くしで¥8,900!(標準ボディ) さすが。ですね!!


門内●でしょ?。頑張ったんですって(苦笑)
でもね。実はこの商品には更なる苦労もあるんです。それは、車ピッタリの寸法で作らないと、キレイに張った旗のようにならないので車種・グレードごとに一つずつ型が違うこと、なんです。お店にあるデモ車と、とりあえず200系ハイエースはいいんですが、それ以外の車種だと、お客さんにお車をお借りしたり、レンタカー屋さんで車を借りて、型を取ったりしないといけない・・・

― それは、大変だ…。
でも、この商品なら自分の車に欲しい!って人。絶対にいると思いますよ


門内●そう願ってます!
対応車種や適合を増やすためにも、是非、200系ハイエースにお乗りの皆さん、この『バックドア・オーニング』使ってみてください。こんな簡単なものなのに、すごく“使える!”って実感してもらえると思います!

・バックドアオーニング